フラワーアレンジメント教室 フロラシオン大阪

大阪市福島区のフラワー&カラーコーディネート教室。
フラワーアレンジメントやブーケ、色彩のワンポイントレッスン!
  << January 2008 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
フラワーアレンジメントの基本形(ホガース)
フラワーアレンジメントの基本形に、「ホガース」というスタイルがあります。イギリスの画家ウイリアム・ホガースがこのラインを好んで使ったことから、このデザインが生まれました。
NFD指定花材編の1級課題の一つで、難易度は結構高いのですが、エレガンスなカーブが魅力的です。
S字に似ているので「Sシェイプ」といわれたり、人魚が座っているように見えるので、「マーメイドスタイル」ともいわれています。

フレッシュフラワーのアレンジメント

寛子さんの作品です。フラワーアレンジメントを始めて、そろそろ一年になりますね。仕事や家事の合い間に、楽しんでレッスンされています。寒い日が続くと、春が待ち遠しく、このような春らしいアレンジメントに心惹かれます。

このスタイルは、ピンク系のエレガンスなお花が似合いますね。寒い季節に強いユーカリの葉は、この形を作るのに最適です。コアラの大好物で有名ですが、風邪の季節、滅菌作用もあって、ハーブティーにも使われている植物です。

一度だけでは、なかなか覚えられないと思いますが、技術的に、「クレッセント」という三日月型のスタイルと作り方が似ていますので、おさらいを兼ねて、また挑戦してみてください。「クレッセント」には、黄色いお花が似合いますよ。
| 岡村 久美子 | フラワーアレンジメント | 01:44 | comments(0) | - |
アートフラワーのアレンジメント
アートフラワーとは、アーティフィシャル(人工的)とアート(芸術)を合わせて作られた造語で、造花の事です。最近では、本物のようなリアルなお花や、とても可愛いお花が市販されています。
「本物じゃないから・・・」という人もいますが、プリザーブドフラワーより安価なものが多く、絶対枯れないのが魅力!上手く取り入れて楽しむのも、おすすめです。

今日は、同じ材料で作った、アートフラワー作品をご紹介しましょう。テーマは「お姫様チェアー」です。

アートフラワーのアレンジメント

美紀さんの作品です。プリザーブドフラワーで一杯作品を作りましたが、大人気でおねだりされて、全部あげてしまったそうです。
今回は、自分のお部屋用にデザイン!お姫様タイプの美紀さんにピッタリの作品になりました。

アートフラワーのアレンジメント

綾野さんの作品です。明日、子育て中のお友達のお家へ遊びに行くので、お手土産に制作されました。ケーキもいいけど、このようなお土産も喜んでいただけますよ。

アートフラワーのアレンジメント

美佳さんの娘さんは、北海道の大学で勉強中です。さみしくならないように、色々な物を小包にして、送っているそうです。その中に、この作品も入れてあげようと、接着せずに組み替えて遊べるようにアレンジされました。母の愛を感じましたラブ

三人三様、それぞれステキな作品になりましたね。




| 岡村 久美子 | アートフラワー | 00:24 | comments(0) | - |
プリザーブドフラワーのバースデーギフト
ご年配の方へのギフトといえば、なんとなく茶色やグレーを連想される方が多いようです。ご本人のお好きな色であれば、そのような色でも、もちろん構いませんが、色彩心理上、元気をもらえる色がおすすめですよ。具体的には、赤やピンク、オレンジ、黄色などです。

プリザーブドフラワーのバースデーギフト

80歳代のお母様へのバースデープレゼントに制作された作品です。お母様は、サーモンピンクが大好きなので、サーモンピンクのバラを主役に、似合うピンクの小花を合わせました。

以前から人気のあるスケルトンリーフに、ゴールドのワイヤーをグルーガンで接着して、アレンジメントの底辺にあしらっています。
基本形のドームを応用したスタイルです。

そのお母様は、どちらへお出掛けされる時も、きちんとお洒落をするステキな方だとお聞きしています。美しく年を重ねたいですね。

| 岡村 久美子 | プリザーブドフラワー | 00:00 | comments(0) | - |
プリザーブドフラワーのティアドロップブーケ
結婚披露パーティーでのカラードレス用ブーケをデザインする場合、まずドレスが決定してから、そのドレスを引き立てるブーケを検討します。
チャペルウエディングの挙式用ドレスは、花嫁の色である白やオフホワイトですが、お色直し用のドレスには、特に決まりがないので、さまざまな色や形のドレスが選ばれています。

プリザーブドフラワーのティアドロップブーケ

今週末、京都へ嫁ぐいづみさんの妹さんは、真っ赤なドレスでお色直しをされます。

赤いドレスと相性のいいブーケの色は、意外と難しいですね。真っ白だと「紅白幕」のようでダサくなったりしますし、類似色であるピンクとの相性もあまり良くありません。

いづみさんは、昨年末から色々なブーケを雑誌などで研究して、グリーンでセパレーション効果を出した、赤を基調にしたティアドロップブーケをデザインされました。

暗くならないように、白いミニバラを、アクセント的に上手く散りばめています。ワイヤープランツがナチュラルでステキですね。

プリザーブドフラワーのブトニア

ブーケの後ろやブトニアの前に入れるリボンは、コサージボーといわれていますが、初めてのかたには結構難しいテクニックです。フラワー経験のないいづみさんは、何度も練習して、成功されました!ラッピングなどにも応用できるので、これからも活用してくださいね。



| 岡村 久美子 | ブーケ | 02:37 | comments(0) | - |
バレンタインのフラワーアレンジメント
街を歩けば、そろそろバレンタインのディスプレーが目立つ季節になりました。バレンタインをテーマにデザインする場合、どこかにハートハートを取り入れると、バレンタインらしくなりますね。
昨今人気の、ハート型のワイヤーバスケットを使ったアレンジメントをご紹介しましょう。

バレンタインのフラワーアレンジメント

この春、NFD1級を目指して練習中の綾野さんの作品です。検定課題のレッスンと併せて、このような季節のフリースタイルも楽しんでいます。

フレッシュフラワーの中に、ピンクのリボンで作ったフレンチボーやビーズのハート型オーナメントを、お花に溶け込むようにあしらっています。とてもキュートですね。

バレンタインの色彩には、特に決まりがありませんが、「さあ、告白するぞ!」と気合を入れている人は赤、すでに「ラヴラヴ幸せ気分」の方はピンクがおすすめですよ。あなたは、どちらですか?

| 岡村 久美子 | フラワーアレンジメント | 01:24 | comments(0) | - |
お正月のフラワーアレンジメント
今日から仕事始めという方も多いようですね。
年末に飾ったアレンジメントは、元気にしていますか?

お正月のフラワーアレンジメント

昨年29日に、お正月アレンジメントを作りに来られた久実さんから、晴れ姿の画像が届きました。
他の装飾品と調和して、アレンジメントだけで見るよりも、一段と映えていますね。ご家族やお客様にも大好評だったそうです。

インテリアやディスプレーなどのアレンジメントの場合、飾る場所へ行って活けるのが一番いいのですが、諸事情で、他の場所で作って持って行くケースが多くなります。
飾る場所の様子を、よくチェックしてから、デザインを検討するのがコツ!
180度展開の場合は、壁の色も大切ですよ。

フラワー教室の講師をしていると、教室で指導した生徒さんの作品が、どのように飾られているのか気にかかります。
このような画像を拝見するのは、今後の参考にもなり、私の楽しみの一つでもあって、感激しています。
また見せてくださいね。



| 岡村 久美子 | フラワーアレンジメント | 22:48 | comments(2) | - |


大阪のフラワーアレンジメント教室 フロラシオン
 SELECTED ENTRIES RECENT COMMENTS
CATEGORIES LINKS PROFILE OTHERS